夫婦 つばさ

筆者「早速ですが、つばさ参加者が夫婦 つばさで女性と会うようになったいきさつをAさんから教えてください。
今日揃ったのは、つばさ高校を中退したのち、五年の間つばさ、ほぼ自宅から出ていないA、つばさ「せどり」で暮らそうといろいろ試しているB、規模の大きくない芸能事務所でレッスンを続けながら夫婦、アクションの俳優になりたいC、夫婦 つばさなら全部試したと自信たっぷりの、つばさティッシュを配っているD、最後に、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
5人とも二十歳から二十五歳までの若いメンバーです。
A(自宅警備員)「俺は普段ずっと家にいるんですがつばさ、ネットを使っていたら、すごくルックスのいい子がいて、向こうからコンタクトが来て、その次に、あるサイトのアカを取得したらつばさ、メアド教えるって言われて登録したんです。そしたらその子からそれっきりでした。けど、見た目が悪くない女性はいたので。」
B(夫婦 つばさ中)「登録してあんまり時間がたってない時期はつばさ、自分も直メしたくて。見た目で惹かれてタイプでしたね。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトについては、ツリの多いところでなかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、夫婦前と変わらずに利用しています。
C(俳優になる訓練中)「自分なんかは、役作りにいいかと思って利用を決意しました。夫婦 つばさ利用にのめり込んでいく人物の役をもらって私も実際に使ってみました。

なくなって初めて気づく夫婦 つばさの大切さ

ティッシュ配りD「僕の場合、友人で早くから使っていた人がいて、話を聞いているうちに手を出していきました」
忘れちゃいけない、トリを飾るのがEさん。
この人なんですが、ちょっと特殊な例なのでハッキリ言って1人だけ浮いてましたね。

夫婦 つばさという共同幻想

筆者「もしかすると、芸能界を目指すにあたって下積み時代を送っている人ってサクラを同時に行っている人が大勢いるのでしょうか?」
E(とある有名人)「そうだと思われます。サクラの仕事内容って、シフト思い通りになるし、俺たちみたいな、急にいい話がくるような職業の人にはどんぴしゃりなんですよ。予測不能の空き時間にできるし、一風変わった経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「良い経験にはなるよね、女性として接するのは全く易しいことじゃないけど自分たちは男性だから、自分が言ってほしいことを相手に投げかけてやればいい訳だし、男の心理をわかっているから、夫婦相手もたやすくだまされますよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「逆に言えるが夫婦、女性がサクラをやっていてもユーザーの心理がわかってないから正直下手っすよね」
筆者「女の子のサクラより、男性サクラの方が成績が上なのですか?」
D(とある芸能関係者)「はい、そうです。優秀な結果を残しているのは大体男性です。しかしながら、僕は女性のキャラクターを作るのが下手くそなんで、いつも怒られてます…」
E(芸人さん)「言うまでもなく、不正直ものがのし上がる世界ですね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女キャラクターを成りきるのも、夫婦思った以上に苦労するんですね…」
女の子の人格の成りきり方についてのトークで盛り上がる彼ら。
その途中で、あるコメントを皮切りに、自称アーティストだというCさんに好奇心が集まったのです。
ダメだと感じる気持ちがあれば怪しい男性に同行しない筈なのにと推測するところなのですがよく言うと清純で思い込みのない彼女たちのような女の子は危険な相手だと気付いてもその相手に身を委ねます。
少なくない何人もの女性が暴力事件の悪影響をうけたり命を絶たれたりしているのにしかしながらそうしたニュースから教訓を得ない女の人たちは嫌な空気を受け流して相手の思いのまま思うつぼになってしまうのです。
ここまでの彼女の身におきた「被害」は、誰もが認める犯罪被害ですし、無論、夫婦法的に罰則を科すことができる「事件」です。
なのに夫婦 つばさに立ち交じる女の人は、是非に危機感がないようで、しっかりしていればすぐに当然である機関に訴えるようなとも、気にかけることなく受け流してしまうのです。
結果的に、危害を加えた人はこんな悪いことをしてもリークされないんだ承諾して貰えるならとことんやろう」と、大胆になって夫婦 つばさを使用し続け夫婦、犠牲となった人を増やし続けるのです。
「黙って許す」ということだと、慈悲深い響きがあるかもしれませんが、その考えこそが、犯罪者を増やしているということをまず解らなければなりません。
被害を受けたら迷わずすぐさま、警察でも費用はかからず、話しをきいてくれる窓口でもどちらでもいいので最初に相談してみるべきなのです。